メタボリックシンドローム 経緯

メタボリックシンドローム 経緯 


1980年代前半まで、生活習慣病の三大要素(高血圧糖代謝異常脂質代謝異常)と内臓脂肪蓄積型肥満(いわゆるリンゴ型肥満)とは、ほぼ同時進行で悪化の過程をたどるが、あくまで個別の事象であるとの見方が主流だった。


が、それらの密接な相関がReaven GMによって「Syndrome X」との研究名で報告され(1988年)、その翌年にKaplan NMによる「死の四重奏」と題する研究報告がなされたのを契機に、蓄積された内臓脂肪を“主犯”とする研究が活発化。


2001年にWHO(世界保健機関)が『代謝症候群』という名称と、その診断基準を発表したことにより、一般に知られる病態名となった。


このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより転載されています。全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLのライセンスが適用され、保護されています。  ウィキペディア  GFDL




posted by レコーディングダイエット 体験男 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドロームとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3692742